toggle
2016-12-01

シングルマザーの私の、仕事と独立の話。

人生最高の居場所を見つけるコーチ

たなかけいこ@ハワイからです。

 

いよいよ12月に入りましたね。

 

まだちょっと早いけど、今年を振り返ってみたら、

1年の半分は、ハワイで過ごしました。

 

「両方の暮らしを半分づつにしたいな」と思ってきたので、

またひとつ願いが叶いました!

 

私のライフスタイルをお話する機会があると、

たいていの方は、「いいですねぇ~」とか

「私も、いつかハワイで暮らしたいです〜」って、おっしゃいます。

 

そんな思いを持っている方にお会いすると、

私も嬉しくなるんですよ!

 

 

そしてさらに、

「どうやって、そんな暮らしができるようになったんですか?」

「ハワイにいる間、仕事はどうしているんですか?」

前のめりになって聞いてくる、本気度の高い方もいらっしゃいます。(笑)

 

 

このブログを読んでいただいている、あなたも

もしかしたら、「そこが聞きたかった!」と思ってたかもしれません。

 

いつものテーマとちょっと違うかもしれませんが、

その辺りのことを、書いてみようと思います。

 

興味がない、という方はスルーしてくださいね。

 

 

以前にお伝えした、

ハワイで暮らすようになった話 は「恋愛編」

これは、「仕事編」といったところです。

 

 

 

先日ハワイにいらした、ハワイが大好きなクライアントさんも、

「ハワイで出来るようなお仕事に転職したい」

とおっしゃっていました。

 

「けいこさんみたいに暮らしたいです」と。

 

 

そうおっしゃっていただいて、嬉しかったです。

そして同時に、正直な気持ちとして、

私も、こんな風になるなんて思っていなかったんですよ。

って、彼女に言ったんです。

 

 

さて、

 

私が、まだ企業に勤めていた頃、

すでに、HCJ認定メンタル・コーチの資格と

生涯学習開発財団の認定コーチ資格を持っていました。

 

それでも、まだコーチングを仕事にはしていなかった頃の話です。

 

コーチとしての学びの場で、憧れのプロのコーチたちに会うと

話かけたくて、モジモジしながら

「私も、あんな風になれるのだろうか?」

と、いつも眩しく見つめているだけでした。(笑)

 

 

資格は持っていましたが、

 

たしかに、自分自身のコミュニケーション力というとことで

職場の人間関係や、子育てには効果を発揮していました。

 

けれども、

会社を辞めて、コーチングで独立や起業しようとは思っていませんでした。

 

ご存知のように、私はシングルマザーで

まだ息子も小学生から中学生くらいの頃だったし、

月々のお給料が入ってこなかったら困る。

 

そして、資格は持っていても、実際の実践の場といえば

コーチ同士の学習の場しかなかったので、

コーチングを知らない人にコーチする自信もなかった。

 

そんな危ない橋は渡れませんよね。

 

 

その頃の、そんな私に、

 

あなたは、何年か後にはプロコーチになっていて

コーチングだけで生計を立てていて

ハワイと日本を行ったり来たりしているよ!

 

なんて言っでも、信じてもらえないと思います。

 

 

 

そして、今でも忘れないのが

憧れのコーチがおっしゃったこと。

 

コーチだけで食べていこうとしないほうがいい。

コーチは副業でやってこそ、いい仕事ができる。

 

というのは、

 

コーチで稼いでいこうとすると、クライアントの顔が札束に見える。

だから、他の仕事で、生きていくための収入をちゃんと得て、

コーチは副業でやるのがいい、と。

 

当時は、大好きなコーチがそうおっしゃっているんだから

その通りなのかもしれないな、って納得しました。

 

今は、違う考えになりましたけどね(笑)

 

 

それで、副業ってことならやれるかも!と

副業コーチで活動していこう、と思ったんです。

 

 

ほんと、思えば何年か前はこんなんだったんですよ、私。

改めて、こうして書いてみて

 

今、こんなところにいるなんて人生って不思議よねと思いました。

 

 

コーチングを副業にしてからの続きのお話は、また書きますね。

 

Mahalo,

 

 

 

 

 

関連記事