toggle
2017-08-21

年齢や年収をハンディにしない、人生のパートナーの見つけ方とは?

たなかけいこです。

 

 

先日、出会いのイベントゲームに、

「結婚したい」と真剣な男性が参加されたのですが

「年収が低いから、結婚できない!」とおっしゃるんです。

 

ご自分の年収を開示しても、誰も選んでくれないから

結婚相談所に登録することもできない・・・と。

 

「女性は年収で選ぶものなんですよ」と

力を落としてらっしゃる。

 

 

お話してみると、礼儀正しく穏やかで、ご家族思いの男性なんです。

具体的に年収を伺ったわけではありませんが、

私から見たら、何も問題はない・・・と感じました。

 

 

その場にいた女性たちからも、

「私はそこまで年収を気にしていない」とか

「むしろ結婚相談所なら、「年収」を気にしていない人を探せる」

いろんなアドバイスをもらって、だんだん元気になっていました!

 

 

 

あなたは、どれくらい年収を気にしますか?

 

めっちゃ重要!絶対1,000万以上

そこそこ気にするけど、お人柄がよければいい

自分が経済的に安定しているので、お人柄重視

 

いろいろあると思うんですよね。

世の中の女性全員が、「めっちゃ重要」というわけではない。

 

 

でも、その彼の頭の中では「世の中の女性は年収で選ぶ」という「思い込み」があったんです。

 

 

幸い、その場の女性の話も聞くことができて

「全員の女性が年収で選ぶわけではないんだ」と頭では理解できたようで

「思い込んでいたことを、解除します!」と笑顔で帰られました。

 

 

 

「彼の年収」が問題なのではなくて、

彼が、「自分の年収が問題だ」と思い込んでいることが、問題

なんですよね。

 

 

「思い込み」に気づいて、問題が問題ではなくなった時

今までとは違う行動ができるようになることで、得たい未来を得ることができます。

 

 

 

 

こんな風に、「思い込み」に気づくことが大事なのですが、

「思い込み」って、自分ひとりでは気づきにくいんです。

 

だって、自分ワールドの中で「あたりまえ」になっていることが「思い込み」だから。

他人が関わることで、「それって、あなたワールドだけの話ですよ」って知ることができますよね!

 

 

 

そして、ここからが最も重要なのですが

 

「世の中の女性は年収で選ぶ」というのは「思い込み」だった。

「女性は年収で選ぶわけではない」と、彼の頭の中では理解できました。

 

で、彼が、例えば、

「結婚相談所に入会しました」とか

「女性に年齢を自己開示できるようになりました」とか

そんな風に行動が変わっていけばいいのですが

 

 

「でも・・・やっぱりできない」

「そうはいっても、言おうと思うと苦しくて言えない」

ということって、あるかもしれないのです。

頭ではわかってるけど、なんかできないっていう状態です。

 

 

もし、そうだったら

「なんかできない」という、心の奥にある気持ちを癒してあげる必要があります。

 

 

そうして、

頭で考えていることと、心の奥の気持ちを一致させることで

自然と望む行動ができるようになります。

 

 

 

特に、40代となってくると

長年凝り固まった「思い込み」というものが、いろいろあるかもしれませんね。

 

 

Mahalo,

 

「思い込み」に気づき癒すことができる体験会はこちらから

 

 

 

 

 

 

関連記事