toggle
2017-03-27

心にも気持ちがいい、がんばらないジョギングのやり方。

こんにちは、たなかけいこです。

 

4月に入ると、
ホノルルでハーフマラソンがあります。

 

去年、私も初めて参加しました。

 

 

景色や雰囲気を楽しみながら、
みんなとおしゃべりしながら走り、笑顔で、完走。
気持ちよかったです!

 

翌日も、翌々日も、どこも痛みを感じることはありませんでした。
私が、6、7年前にジョギングを始めた時は、
大会に参加する気なんて全くなかったんです。

 

そもそも、
子どもの頃から「どうやってマラソン大会をサボろうか?」
というほど、走るのなんて大嫌いだったし。

 

そんな私が、
どうしてジョギングを始めようと思ったのか。

 

それは、ある日ふとこう思ったんです。

 

おばあちゃんになって、買い物に歩いて行けなくなって
息子に電話して、
「来て〜〜〜」って言ったりするのはやだな、と。

 

シングルマザーで、当時はパートナーもいなくて
子どもは息子ひとりで。

 

老後、息子の負担になりたくない。そのためには
元気で腰も曲がることなく、自分の足で歩いていたい。

 

それで、ジョギングを始めたんです。
ジョギングなら、ひとりでできるし。

 

 

 

毎日のように走っていたこともあるし、
2ヶ月くらい、全く走らないこともあるし。
それでも、またふと走り始めたり。

 

そんなジョギングしかしていないから、
ホノルルハーフマラソンに出ると決めた時、
(正確には、みんなでハワイで走るって楽しそうで「走る」って言っちゃっただけ・・・)

仲間のランニングコーチに、レッスンしてもらいました。

 

大会まで、日本で1回、ハワイで1回一緒に走る
そんなレッスンのみ。笑

 

「がんばることをやめる」「力を抜いて、軸で走る」
っていうレッスンなんです。

 

これね、後からじわじわくるのですが、奥が深いです。

 

 

がんばってるときって、身体も”かたーく”なってますよね。

身体を楽に”やわらかーく”使う、でも「軸」はある。

そういう状態にすることで、気持ちよく走れる。

 

 

そこを目指して、
自分の身体の声を聞きながら、しっかりと身につくように
丁寧に、丁寧に、みてくれるレッスンでした。

 

 

私たちって、がんばってるじゃないですか。

がんばってるつもりはないかもしれません。
がんばっている自覚もないかもしれません。

 

でもね、

 

がんばらなくてどうする!
まだまだがんばらなくちゃ!
そうやって、知らず知らずにがんばり続けていると思うんですよね。

 

だって、がんばるのをやめるのって、怖いから。

 

だらだらになってしまうんじゃないか、
ゴールできないんじゃないか、と思いますよね。

 

 

でもね、「軸」があれば大丈夫なんです。

 

 

がんばり過ぎることなく、「軸」をもって走ることで
スタートからゴールまで、楽しんで、心地よく走ることができます。

 

この走りは、私がいつもお伝えしている
「軸」をもって生きることを、まるごと身体で覚える体験です。

 

 

 

「がんばらない走り」
どれくらい興味がわいてきましたか?

 

 

あなたの目的が、

・マラソン大会に出ること

・運動を習慣にすること

・ダイエット

・「軸」を身体で覚えたい

どれだったとしても有効な「がんばらない走り」。

 

 

4月のお話会は、
ランニングコーチを特別ゲストにお迎えして、
「がんばらない走り」体験会にしようと思っています。

 

一緒におしゃべりしながら、気持ちよく走りましょ!

 

4月29日を予定していますので、
空けておいてくださいね。

詳細は、また後日お知らせします。

 

 

Mahalo,

 

 

ランニングコーチ

入澤光(いりさわ こう)さんFacebook

 

関連記事