toggle
2017-08-10

時間がなくてもできる、幸せを習慣にする方法。

たなかけいこです。

 

電車の中のテレビ(なんていうのかな?)で、動画広告を見ていたら、

 

 

普段のまとめ髪にこんな工夫をしてみては?と、流行りの「くるりんぱ」みたいなことを紹介していました。

 

ただひとつに結ぶだけじゃなくて

すぐにできる、ちょっとしたひと手間

それだけで、印象が全然違っていました。

 

 

髪の毛が決まると、気分いいよね!

なるほどね〜、って見ていたのですが、

 

 

なんでもないふだんを宝ものにしよう。

ふだんプレミアム。

 

と、最後に画面に流れました。

 

 

 

いいね〜っ。

って、思わず声に出してたと思います。(笑)

 

 

いつものことに、ほんの少しだけ何かをプラスしたり

いつもより、ちょっと丁寧にやってみる、時間をかけてみる。

 

それで、ぐっと幸せ感が上がるようなこと。

ふだんの暮らしの中でいっぱいやったたらいい、と思っているんです。

 

 

お風呂にアロマオイルを垂らす

お湯の温度に気をつけて、お茶を淹れる

丁寧にシャンプーする

氷はハート型で作る

 

 

すごく特別なことじゃなくてていい。

それくらいのこと。

 

私も、これらは習慣になっているくらいです。

 

 

ハワイにいるときは、

 

ご飯をベランダのテーブルに運んで食べる

ワインを江戸切子のグラスで飲む

 

そういうことが、私のふだんの宝物。

「ちょっと特別♪」と意識してやるだけでも、気分が上がってより幸せを感じます。

 

 

あなたが、

今すぐにでもできそうな、”ふだんプレミアム”はどんなことですか?

 

 

 

私も、会社に勤めていて

「時間がない」というのが口癖だった頃

 

 

月曜日も、火曜日も、水曜日もだいたい同じような毎日で、やることに追われて、余裕がなかった。

 

子どもの世話もいろいろあって。

 

会社の化粧室の鏡で見る自分が大嫌いで、なるべく見ないようにしてました。

 

あの頃、どうすれば自分を幸せにできるのか知っていたらなぁ・・・と思います。

 

だから、昔の私のような働く女性が電車の中でこの広告動画を見て、

 

何かが心に響いていたら嬉しいな、って思いました。

 

 

「忙しい」っていう字は、

「心を亡くす」と書きますね。

 

 

忙しくて、特別なことができなくてもいいんです。

 

 

その代わり、ふだんやっていることにちょっとひと手間かけることで、ほっこりとした幸せを味わう。

 

そんな小さな心がけが心に余裕をつくり、

心からの笑顔になることもできるのです。

 

 

笑顔が笑顔をよんで、

幸せが幸せをよんで、

あなたも周りも、もっと幸せになっていく。

 

 

そして、

自分の幸せを知っている人は、人の幸せも大切にできます。

尊重し合えるパートナーシップにも活かされてくる大事なことなんです。

 

 

Mahalo,

 

 

関連記事