toggle
2017-07-29

「嫌われるんじゃないか」という不安を解消した方法。

たなかけいこです。

ハワイでパートナーに会ったばかりの頃、

 「今から行くよ〜」って電話がきて

家まで迎えに来てくれて、遊びに行って

そして家まで送ってくれる。

ほぼ毎日、そんなデートをしていました。

 

 

私は、

「私のために、なんだか申し訳ないな」

「好きだから、そうしてくれてるのかな、そうだったら嬉しいな」

なんて思っていたんです。

 

 

だから、

電話がなくて、デートしないという日が

たまーにあると、

 

そんな日は、

「嫌われたに違いない」と思って

モヤモヤとしていました。

 

そのモヤモヤはどこから来るんだろう?と、自分の心に向き合ってみたり

 

気にせず、好きな事をして過ごしたりしていました。

 

ある日、

彼の車のメンテナンスで、

2日連続して会えないことがありました。

 

そして、

次の日に、いつものように迎えに来てくれた時、

 

なんと、彼が

「会いたかったよ」って言ったんです。

 

 

その瞬間、「嬉しい」という気持ちを超えて

気づいたことがあったんです。

 

デートは、「私のために」してくれていることではなくて

「彼自身がそうしたいから」しているだけだったんだ、と。

 

 

それまで、

私は「自分どっぷり」で、自分のことしか考えていなかった!

と気づきました。

 

だから、

「嫌われたらどうしよう」という不安が常にあったのです。

 

 

けれども、

彼の立場に立ってみたら、

 

私のために会いに行こう、というのではなくて

「会いたいから」

それだけのこと。

 

 

自分でも彼でもない

第三者の立場から、私たちを俯瞰して見たら

 

お付き合い、順調ですね!

って感じに見えることがわかったのです。

 

 

すごく気持ちが楽になりました。

 

 

いちいち、

「嫌われるんじゃないか」とか

「好かれるようにしなくちゃ」とか

考えることが減って、モヤモヤも晴れていきました。

 

 

こと、恋愛となると

「自分どっぷり」になりがちです。

 

彼の立場に立つのが難しければ、

第三者になってみることをオススメします。

 

例えば、

「親友だったら、なんて言うだろうか?」

そんな風に考えてみるのも有効です。

 

 

自分でも、彼でもない、第三者になることで、意外なことが見えてきたり、気づいたりします!

 

 

すると、だんだんと

私は私でいても大丈夫なんだな

と、少しづつ思えるようにもなりますよ♡

 

 

 

Mahalo,

 

 

 

関連記事