toggle
2016-06-25

がんばり過ぎてしまうあなたへ。

 

こんにちは、たなかけいこです。

 

なんかねー、風邪をひいたらしく・・・
生姜と大根と梅干しの味噌汁、寝る、水分、寝る、寝る、水分・・・
で治そうとしています!

 

 

風邪をひく直前に、
なんと、カレーを作ったんです。

 

 

もう、風邪をひくことが予想されていたかのよう(笑)

 

 

カレーがあれば、いいでしょう!と
もう、堂々と何もせずに、胸をはって寝ています。(笑)

 

 

パートナーは、仕事から帰ってきて、
私が寝てようと、なんだろうと
勝手に用意して、勝手に食べて、ちゃんと片付けもして、

 

アイスを食べながら、ニコニコして
「具合はどう?」って聞きにきます。

 

 

楽ちんです!(笑)

 

 

でもね、
以前の私は・・・

 

 

フラフラで熱がある、とかは別だけど、
風邪ぎみです、くらいだったら、

 

ご飯の用意はやらねばならぬ!!と、
無理にでも、やっていました。

 

 

 

何が、そんなに私をがんばらせていたのか?

というと、

 

 

役に立たなければ、愛されない。

 
という思い込みがあったばっかりに、

愛されなくなったらどうしよう・・・
という「恐れ」から、がんばっていたわけです。

 

 

 

でもね・・・、

役に立たなければ、愛されない。

 

 

これって、ほんとうですか?

 

 

 

誰かの役に立ちたい、って
その考え方はステキなことです。

 

 

けれども、

そうじゃなければ「愛されない」、というのは
単なる、「思い込み」です。

 

 

大切なことを言うので、
よーく、聞いてくださいね。

 

 

 

役に立っていても、いなくても
あなたは、愛されています。

 

 

愛って、そういうものです。
条件なんてつきません。

 

 

何をしていても、していなくても
何かができても、できなくても
あなたの存在そのものが、愛される価値があるんです。

 

 

背筋を伸ばして、身体の中心に『恋愛軸』を感じて
肩を後ろに胸を開いて、気持ち良く、2、3回深呼吸をしてみてください。

 

 

呼吸のたびに、身体の中の、力が入っているところが
やわらかくなって、ゆるんでくるのを感じてみましょう。

 

 

がんばることをやめても、
あなたは、愛されていますよ。

 

 

Mahalo,

 

関連記事