toggle
2015-11-23

周りに振り回されないための『恋愛軸』

こんにちは、たなかけいこです。 

ご存知の方も多いと思いますが、

 

パリのテロ事件の後、

 

Facebookのプロフィールの写真を

フランス国旗と重ねる、ということが広まりました。

 

 

すると、

 

「シリアの空爆で亡くなった人はどうなんだ?」

「フランスの犠牲者ばかり追悼するのはおかしくないか」

 

というような意見も出てきていました。

 

 

こういう状況のとき、

 

 

みんながやってるから、

なんとなく・・・

 

いいことっぽいから・・・

 

なんていう理由で、

プロフィールを国旗に重ねた人は

 

 

軽率じゃないか?みたいな意見が出てきたら、

 

きっと、

 

 

やめたほうがいいのかな・・・、

どうなのかな・・・と

 

どうしていいか、

わからなくなってしまうことでしょう。

 

 

 

そうではなくて、

 

 

私はパリは大好きな街だから

 

友達が住んでいるから

 

ただ祈る気持ちを表現したかった

 

 

 

そんな風に

 

自分の中にれっきとした理由を持っているなら

 

どんな意見が出てきても

 

「私は、これでいいんです」

 

って、迷うことなく言えますよね。

 

 

 

 

こういうことって、

 

最近多くないですか?

 

 

 

いろんなメディアで、いろんな人が

 

いろんなことを表現できることで

 

 

 

これが常識!みたいなことが

 

以前よりも揺らいでいますよね。

 

 

 

価値観も十人十色なんだ、ということを

 

つくづく、感じます。

 

 

 

そういう世の中で、

 

いちいちいろんな意見に振り回されて

 

迷子ちゃんにならないためには、

 

 

 

自分はどう在るのか?

 

という『軸』がしっかりとあること。

 

 

 

ある記事で、

 

 

やってもいいということでも、

自分がやるべきではないと感じればやらない。

 

やらなくてもいいということでも、

自分がやるべきだと感じたのであればやる。

 

 

という名言を見つけました。

 

 

このスタンス、って

とっても大切だと思っています。

 

 

 

 

この、自分がどう”感じる”のか?

 

 

というのは、

 

 

 

何が正しいんだろう?と

 

”考える”こととは違います。

 

 

 

 

私はどう在るのか?

 

という『軸』から

 

何が心地いいのか?を感じて選択する、ということ。

 

『軸』さえあれば、

「私はこれでいいんだ」と

 

背筋をシュッと伸ばしていることができますね。

 

Mahalo,

関連記事