toggle
2017-07-15

ひなのさんも実践中。シンプルで簡単なハワイ伝統のホ・オポノポノ。

たなかけいこです。

 

 

ネイティブハワイアンの、

古代儀式、伝統的な問題解決法の

「ホ・オポノポノ」

 

 

この「ホ・オポノポノ」を

現代の私たちにも使いやすくしてくれたのが

ハワイ人間州宝である、故モーナ・ナラマク・シメオナさん。

 

「セルフ・アイデンティティー・スルー・ホ・オポノポノ(SITH)」

という名前がついています。

 

私が、これを知ったのは

何年も前、吉本ばななさんの本がきっかけだったのですが

こんな考え方もあるんだ・・・と夢中になり

関連の本をたくさん読んで、実践してきました。

 

 

モーナ女史の一番弟子、

ボディーワーカーとしての役割を唯一引き継いだ、

KR女史のハワイのご自宅へ伺って、

ボディーワークを受けたこともあります。

 

 

 

ずっと実践してきて、

「ホ・オポノポノ」の良さを実感しているので、

私のセッションでは、大事な構成要素のひとつになっています。

 

クライアントさんにも、書籍をプレゼントしたりして

喜んでいただいています。

 

 

最近では、

吉川ひなのさん、道端ジェシカさんなどが実践している、

と、私もよく聞いたりするので

あなたも、もしかしたらご存知かもしれませんね。

 

 

なので、今日はぜひ

あなたも実践できるように、お伝えしようと思いました。

 

 

例えば、

 

私のことだけを大切にしてくれる男性と

穏やかで、幸せなお付き合いがしたい。

そう思っているのに、

なぜか、家庭のある男性と苦しい恋愛を続けている・・・

 

そんなことが起きているのも、

潜在意識の中にある「過去の記憶」が原因。

 

 

 

私たちの目の前に起こることは、

すべて、過去から溜め込んできた記憶によって、作り出している。

「ホ・オポノポノ」では、そう考えます。

 

 

 

物事自体に良い悪いがあるわけではないのです。

 

だから

何が悪いの?誰がいけないの?

なんて考えていても、答えは出ませんよね。

 

 

そこで、

その過去の記憶をクリーニングしていくのです。

 

 

 

具体的なクリーニングの方法は、

 

THANK YOU ありがとう

PLEASE FORGIVE ME 私を許してください

I’M SORRY ごめんなさい

I LOVE YOU 愛してます

 

この4つの言葉を唱えます。

 

 

自分の過去に、そのような記憶があったことを認め、受け容れて

その記憶をクリーニングするために、ただ、唱えるだけ。

 

 

潜在意識に溜め込まれた記憶を、

クリーニングすることで消去して、

ほんとうの自由を手に入れて、本来の在り方、素の自分を取り戻していく。

 

 

これが、「ホ・オポノポノ」です。

 

 

 

イライラする出来事、苦手だなと感じる人、嫉妬の感情

これもすべて、自分の潜在意識に記憶が残っているから。

 

 

感情が波立ったとき、その感情にのっとられてしまう前に

そんな感情があることを認め、受け容れ、

ただ、4つの言葉を唱えて、クリーニングしていく。

 

もちろん、まさにその時、が効果的ですよ!

 

 

1度だけやればいい、というのではなくて

何度でも、何度でも、気づいたときに何度でも唱えます。

 

 

簡単ですよね。

今日から、すぐ実践することができます。

 

 

実践を重ねれば重ねるほど、素の自分の在り方が際立ってきて

本来のピュアな自分を取り戻すことができます。

 

 

 

 

私たちは過去の思いや、感情、ことば、行いから成り立つ存在であり、

過去のあらゆる経験の集合体であるという事実を受け入れた時、

またその様な過去の記憶庫に左右され、自分の人生や選択の持つ色合いや

陰影が決まっている事実を受け入れた時に初めて、道を正し浄化すれば、

人生、家族、社会を変えられることに目を向け始めるのです。

モーナ ナラマク シメオナ

SITHホ・オポノポノ ホームページより)

 

 

 

 

<参考書籍>

 

『はじめてのウニヒピリ』宝島社

ヒューレン博士/KR女史

 

『はじめてのホ・オポノポノ』宝島者

ヒューレン博士/KR女史

 

 

Mahalo,

 

 

 

関連記事