toggle
2016-01-22

自分を信じる力をつける方法。

こんにちは、たなかけいこです。 

前回、

ホノルルハーフマラソンの話で、

 

自分を信じる力を

もっと高めるために走りたい、

 

と書いたのを読まれて、

 

 

「自分を信じる力って、どうすれば

 高めることができるんですか?

 私は、自分に自信がありません」

 

 

というメールをいただきました。

 

 

「やりたいと思うことがやれていないのは、

 自分を信じる力が足りないんじゃないか?

 自信がないからなんじゃないか?」

 

と思ってらっしゃるとのこと。

 

 

 

もしかしたら、

あなたも、

自分を信じる力、欲しいな〜って思っているかもしれません。

 

 

 

そして、

 

自信がついたら、やろう

って思っている、やりたいことがあるなら

 

もったいないな!って思います。

 

 

 

じゃあ、どうすればいいんでしょう?

 

 

待っていないくてもいい方法があります。

 

 

 

 

 

私も、

 

ハーフマラソンを走れる、と

自信満々だから

参加を決めたわけじゃないんです。

 

 

走ってみたいな、

協力してくれる人もいるし、

よし、やってみよう。

 

やると決める。

 

そのために、

今から、できることを

ちょっとづつやる。

 

 

そして、走る

(・・・たぶん)

 

 

完走する

(・・・たぶん)

 

 

気持ちよく、ゴールして

(・・・たぶん)

 

 

私は、

走ると決めた

自分との約束を果たした!!!

 

そのことが、

自分を信じる力になっていく。

 

 

そういうことだと思うんです。

 

 

 

誤解しないで欲しいのですが、

ハーフマラソン走ればいいのよ!って

そう言ってるんじゃないんです(笑)

 

 

 

 

なんでもいいんです。

 

どんなことでも、

 

これをやる、と決めて、やる。

 

自分とした約束を守る、ということ。

 

 

 

そして、守った自分を

 

あたりまえ〜とか言わないで、褒める。

 

 

 

人との約束は守るけど

 

自分のこととなると、後回しにしたり、

 

まあいっか、ってやらなかったりしちゃいますよね。

 

 

 

 

まずは、やれることから

 

 

たとえば、

 

今日は11時に寝る、とか

 

今日中に、ーーさんにメールを書く、とか。

 

 

 

やる!と決めたことは、やる。

 

自分との約束は守る。

 

 

 

 

どんな小さな約束も、

 

守ってくれた人のことは信じることができますよね。

 

”自分と自分”でも同じです。

 

 

 

 

そんな簡単なこと!って思いますよね。

 

そんな簡単なことなんです。

 

私も、コツコツやってきています。

 

 

 

 

そんな日常のことで

自分との約束を守っていれば、

 

 

やりたいことも

きっと、さらっとチャレンジできます。

 

 

やるって決めて、やってみる

その習慣がついているからです。

 

 

案外、するっとできてしまうことでしょう。

 

 

Mahalo,

 

関連記事