toggle
2016-07-26

あなたの憧れのあの人が、悩みを解決してくれます!

こんにちは、たなかけいこです。

 

前回「決断」に使える質問について
書いたところ、メッセージをいただきました。
「(迷っていたことを)とりあえず、やってみることにしました」

 

”とりあえず”ってことで、いいんです。
やってみたらわかることがあります。

 

 

「選択肢を聞いてみたら、
 やりたくなったらやればいい、と思えた。
 今やらなくてもいいんだとわかった」

 

誰かがやっているから、ということでも

自分にとって、今がその「タイミング」かどうかは

わからないですよね。

 

 

悩みのゾーンから、一歩抜け出すことができましたね!
スッキリ!です。

 
また、
「やっぱり決められない・・・私ってダメですね」
というメッセージもありました。

 

 
私も、かつては「決められない女」だったから
その気持ち、よーくわかります。
あのね、
「決断できない」そのパターン、癖には、
必ず理由があるんです。

 
そのことを十分わかっているので、
「決めないのは、ダメですよ」
って、言いたかったんじゃないんです。

 

 
私の大前提は、

それをしても、しなくても、
決断できなかったとしても、
あなたの、人としての価値は変わらない。

どうであっても、オーケーなんです。

 

 
さて、

 
今回は、
「どうしたらいいんだろう」と
次の行動がわからなくなってしまった、
考えに行き詰まった時に、使ってみてほしい質問です。

 

 

まず、
あなたが、尊敬する人、憧れている人、
こんな人になりたい、と思うような人
そう、「在り方」が素敵だなという人を思い浮かべます。

 
好きな歴史上の人物かもしれません、
小説の主人公かもしれません、
俳優さん、女優さんかもしれません、
ずっと慕っている恩師の方かもしれませんね。

 

 

そんな人をひとり、思い浮かべてください。

 

 
そして、

「その人だったら、どうするだろうか?」

という質問をしてみてください。

 

 

ポイントは、
その人になりきって、答えること。

 

 

自分ではない、他の誰かになってみることで
新しいアイデアや、メッセージを受け取ることができます。

 

 

試してみてください♪

 

Mahalo,

 

 

関連記事