toggle
2016-11-04

ポジティブな感情を感じにくい理由。

たなかけいこです。

 

先日、クライアントのTさんから、

こんなご質問を、メールでいただきました。

 

 

ネガティブな感情に、けいこさんは、どう対処しますか?

 

 

「ノーヒントでお答えください」という感じで(笑)

これだけのシンプルなご質問でした。

 

もうちょっと突っ込んで、

状況や、具体的なことを伺ってみようかな、と思ったのですが

 

シンプルにお返事させていただきました。

それは、こんなお返事です。

 

***

Tさんが、幼稚園のほし組の先生だとします。

 

ほし組には、ちょっと困ったいじめっ子がいます。

 

けれども、その子がいじめっ子だからといって
いじめっ子を、ほし組から追い出したりはしませんよね。

 

どうしたら、ほし組の中で仲良くやっていけるのか?

について考えて、

先生として、対処しますよね?

 

 

いじめっ子の話を聞いたりしながら、
ほし組のみんなも、その子自身も
ほし組全体として、調和、統合できるようにしていく。

そんな感じです。

 

「対処」というところで言うと、
その子がどれくらいのいじめっ子なのか、によって(笑)
ホ・オポノポノでいくのか、どのNLPのワークを使うのか、

ヒーリングなのか・・・という選択をしています。

 

お答えになりましたでしょうか?

 

***

 

 

Tさんは、

「納得しました」とお返事をくださいました。

 

 

 

補足しますね。

 

「ネガティブな感情」というのは、

できれば感じたくない感情ですよね。

 

 

だから、

その感情が出てきそうになると、

 

感じないように、

その感情が出てくることを止めてしまうことってありませんか?

 

 

例えば、

ほんとうは悲しくて、もう泣きそうなのに、

大丈夫だよ、って笑ってみせる、とか。

 

 

心あたりがありませんか?

 

 

もちろん、仕事の場面だったり

今、この場では泣けない。

という状況もあるかもしれません。

 

 

けれども、大抵は

ご自分の”パターン”としてやり続けていることが多いです。

 

 

その”パターン”には、対処することが必要です。

 

 

なぜなら、

ネガティブな感情だから、といって

それを押し込める、我慢する、ということをやり続けると

 

 

 

なんと、

ポジティブな感情も、感じにくくなってきてしまうから。

 

 

感情は、同じ箱に入っています。

幼稚園のほし組さんのように、全部でひとクラス、ひと箱なんです。

 

 

この子だけ、つまみ出そうとか

この子だけ、押し込めようとか

 

そんなこと出来ないんです。

 

 

どの感情も、同じように、大切に扱ってあげたいですよね。

 

 

 

どうしても、いつも、パターンとして感じてしまっている

対処したい「ネガティブな感情」というものがおありなら、

 

対処の方法についてご相談承りますので、

ご連絡くださいね。

 

お問い合わせページへ

 

 

 

Mahalo,

 

 

 

関連記事