toggle
2017-07-19

好きな人に素直になれなくて、後悔することはありますか?

たなかけいこです。

 

 

ほんとうは、好きな人と仲良くなりたいのに

なぜか素直になれない。

ということはありませんか?

 

大好きなのに、気のない素振りをしたり

思っていることと逆のことを言ったり

自分の気持ちを隠すのに必死になって挙動不審

 

そんなお悩みをよく聞きます。

 

「ほんとうは仲良くなりたい」という「気持ち」と、

やっている「行動」がちぐはぐな状態です。

 

 

子どもの頃、

好きな女の子にスカートめくりしたり

上履き隠したり

っていう男の子がいたと思うのですが

その心理と似ています。

 

 

なので、

好きだから、やっていることでも

相手は誤解してしまうこともあるかもしれません。

 

 

それがわかっているから、

やってしまってから

「あ〜・・・またやってしまった」

と後悔したりしますよね。

 

 

 

 

これには、こんな理由があるかもしれません。

 

・嫌われたくない

・負けた気がする

・恥かしい

・自信がない

 

 

 

私たちは、

好きな人から好かれないと

こんな風に思います。

 

「自分は、好かれる価値がない」

「拒絶された、恋人として認めてもらえなかった」

 

そして、自分の存在価値を全否定されたような気持ちになって

傷ついてしまいます。

 

 

 

好きな人から好かれたり、何かいい評価をもらえれば

「私は価値ある人間なんだ」

と、自尊心は満足しますよね。

 

 

だから、

傷つかないように自分を守るために

「無意識に」やってしまうことでもあるんです。

 

 

でも、そうやって守っているうちは

好きな人から誤解されて

あなたの素直な気持ちは伝わらない・・・

ということになってしまいますよね。

 

 

そこで、

こんな風に考えてみてください。

 

 

あなたの存在の価値を

好きな人に決めてもらうのではなくて、

自分自身が決めるんです。

 

 

そうすると、

好かれようと、振られようと、嫌われようと、

自分自身の存在価値は変わらない。

 

 

もしも、そのひとりの人に振られたとしても

「あなただから好き」という人が

絶対いるはずです。

 

 

その人も、

あなたに出会うのを待っています。

 

 

あなたが、あなたの存在価値を認め

受け容れて、愛せるようになることで

その人に出会うことができます。

 

 

 

 

Mahalo,

 

関連記事