toggle
2017-05-17

「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」

たなかけいこです。

 

 

 

 

学生時代とか、

最近だったら、会社の中でもいいのですが

 

 

「実は、Aさんって、B君と付き合っているんだって」

ということを誰かに聞いたとします。

 

そうすると、

Aさんが、B君に

「おはよう!」って言ってるのを見ただけで

 

 

今までは思っていなかったのに、

他の男性に言う時と、なんか言い方が違う、とか

向けてる笑顔がやっぱり違うよね、とか

 

そんな風に感じてくる。

 

そんな経験があるかもしれません。

 

 

でもそれって、

Aさんの態度が、急に変わったわけではありませんよね。

 

 

Aさんは、B君をどう思ってるのか知らない

という前提で見ていたことを

 

 

Aさんは、B君を好き、付き合っている

という前提で見るようになった。

 

 

そうなんです、

あなた自身の前提が変わっただけ。

 

 

 

お付き合いしているのに、

相手が、私のことをほんとうに好きなのかわからない。

ほんとうに愛されているのか自信がない。

 

そう思って、悩んでしまうことってありませんか?

私は、大いにありました。

 

 

そんな時って、

彼の言動にいちいち敏感になってしまって

 

△△してくれたってことは、きっと好かれているんだろう

こんなことを言うなんて、好かれていないかもしれない

 

 

デートをしていても、

そんな判断をしようとして、すごく疲れてしまいます。

 

 

 

私もね、以前はこうだったけど、

今のパートナーと出会って、信頼関係を築いていく時に

こんな風に「疲れた〜」ってなったことがあまりなく

今までとは違うな、と感じていました。

 

 

それで、

なんでかな?って、改めて考えてみた時、

いくつか、理由はあるのですが、

 

 

そのひとつが、

 

私もあなたが好きだけど、

あなたも私が好きに違いない。

 

 

そんな前提を、

わりと最初の頃から持っていた。

 

 

何をしてくれたから、とか

こう言ってくれたから、とか

理由を考えれば、いろいろあると思うのですが

 

 

でも、その時は

そんなことを考えたわけじゃなくて、

 

 

どうであれ、

お互い好きに違いない、

と思う自分を信じていました。

 

 

それで、気楽だったんです。

勘ぐることもなく、

言動を探るようなこともなく、

いつも嬉しくて、ニコニコしていた。

 

 

そしたら、どんどん良い方に向かっていった。

みたいな感じです。

 

 

 

でもでも、

言葉でちゃんと言ってくれないと、信じられない!

と、おっしゃる方もいるかもしれませんね。

 

 

そうですよね。

言葉でちゃんと言ってほしいですよね。

それもすご〜くよくわかります。

 

 

そういうときは、

 

 

お互いが好きに違いない。

その前提を持って、

 

「私はあなたが好き。あなたはどう思ってる?」って

ニコニコしながら、さらっと聞いてみたらいいですよ!

 

 

「もうわかってると思ってた!」

って、笑いながら

 

「好きだよ」

って言ってくれると思います!

 

まちがいない!

 

 

 

自分自身の心が決めている前提が、

目の前に起こることをどう捉えるか?を決めている。

 

そのことを知っていると、

恋愛に限らず、人間関係が軽やか〜になります。

 

 

みつをさんのことば、

素敵なものがたくさんありますよね。

 

 

Mahalo,

 

関連記事