toggle
2018-05-13

私が、パートナーとの信頼関係を築いた方法。(2)「伝える」

こんにちは。

 

前回、

私はパートナーと、何度も喧嘩や口論をして

お互いをよく知ることができた。

 

そしてそのことが、信頼関係に関係したと思う。

と、書きました。

 

前回の記事を読んでいない方は、こちらから

私が、パートナーと信頼関係を築いた方法。(1)

 

パートナーに出会う前の私は、

喧嘩や口論になったら、関係は終わる

と思っていました。

 

喧嘩にならないように、自分を抑えて

我慢をしたり、相手に合わせたりするのが上手でした。

 

でも、結局は、コップの水が溢れるように

我慢できずに爆発して、関係が終わる。

っていうパターン。

 

 

それが、今のパートナーに出会ってからは、

どんなに喧嘩をしても、仲直りして続いていく。

という新しいパターンを体験したことで

 

「察してよ」ではなく、

安心して伝えることができた。

 

 

正直なところ

「もう、この人とは合わないのかもしれない」

「別れたほうがいいかもしれない」

と、喧嘩の勢いで家を飛び出したこともあります。

2回ほど。笑

 

で、

「どうして探しに来てくれないの!」って

ますます腹を立てながら帰る・・・苦笑

 

パートナーは、私が自分の気持ちをそんな風に丸出しにしても、

いつでも、どーんと構えていてくれました。

 

「何があっても、ずっと一緒でしょ」

「愛してるって、そういうことでしょ」

それが、パートナーの一貫した在り方でした。

 

ほんっと、有難い。感謝、感謝。

 

だから、安心して

自分の気持ちを伝えることができた。

 

 

そして、ただ、無闇に伝えるんじゃなくて

私が気をつけていたことがあります。

 

ちょっとしたことなのですが、大切なんです。

 

 

 

それは、また次の記事で書きますね。

 

 

Mahalo,

 

ご質問や、ご感想を送ってくださると嬉しいです。

 

*LINE から

友だち追加

*メール

m.happy.p@icloud.com

 

 

 

私が、パートナーと信頼関係を築いた方法。(3)「愛」

 

関連記事