toggle
2018-05-14

私が、パートナーと信頼関係を築いた方法。(4)「聞く」

こんにちは。

 

今回は、

私は行きたくない、ということを伝えたにもかかわらず

結局、パートナーと一緒に出かけることにした、私。

 

どうしてそうなった?!

 

ってところのお話です。

 

 

話がちっとも見えない方は、お手数ですが、まずはこちらをお読みください・・・

私が、パートナーと信頼関係を築いた方法。(3)「愛」

 

パートナーと信頼関係を築くためには

「伝える」だけじゃなくて、「聞く」ことも大事。

 

今回は、「聞く」についてです。

 

 

パートナーが友達と遊びに行くのに、私を誘ってくれた時

私は、キッチンで何かやってて

「私は行かないよ」って、サラッと言ったんです。

 

そしたら、

「なんで!」

って、怒ったような声が聞こえてきたから

あら、ビックリ。

 

 

なんで怒っちゃったのかしら?

ちょっぴり「めんどくさいな」って思いながら・・・笑

やっていたことを一旦やめて、

キッチンからパートナーの近くに行きました。

 

そして、丁寧に、

前回お話した「愛メッセージ」で、私の考えを伝えてみた。

 

すると、私が話している途中も

パートナーは「言いたいことがあるぞ!」

っていう、目つき、顔つき、雰囲気、態度。

 

 

私が、言い終わるか、終わらないかくらいで、言い返してきました。

「一緒に行きたい!行かないなら、自分も行かない!」

(子どもか!)

 

こうなったら、

「よしよし、話してごらん」っていうお母さんの気持ちで

私の主張は一旦脇に置いて

パートナーに、どうしてそんなに一緒に行きたいのか、聞いてみたんです。

 

それは、

詳細になんて言っていたかは、覚えていませんが

こういうことでした。

 

私たちは、ハワイと日本で離れている時間も長いから

一緒にいられる時は、一緒にいたい。

 

それが、パートナーが怒ってしまうくらい

大切にしたいと思っていることでした。

 

 

それを知って、嬉しかった!

小躍りするくらい(したかも?笑)嬉しかった。

 

嬉しさを、大げさなくらい表現することも

大切なポイントかと思います!

 

 

それで、一緒に行くことにしたんです。

 

 

 

ここまで、

「聞く」ポイントまとめます!!

 

まず、「相手が怒った」という理由を、勝手に解釈しない

ということが、大前提です。

 

1、自分の主張、思いを一旦脇に置いて聞く

2、言葉だけを鵜呑みにせず、よく見て、感じる

3、遮らず、最後まで聞く

 

すると、こんないいことがありました。

 

私にとって、”一緒に行く”ということの意味づけが変わって

行くこと自体が嬉しいことになったり

 

同じ場に一緒にいれば、そこで起きた出来事を

その時だけじゃなく、後になっても

「あんなことがあったよね〜」

って、分かち合えることに喜びを感じたり

 

そして、パートナーの友達にも何度も会うことになって

だんだん仲良くなれたのも、喜びのひとつです。

 

 

なにより、パートナーをもっと知れたことがよかった!

相手の「素」を知る機会。

 

 

信頼関係を築く上で、

伝え合うって大事だなって、私は思うんです。

 

 

この連載を書いて、改めて、

 

喜びも、怒りも、嬉しいことも、悲しいことも、楽しいことも・・・

我慢することなく、素直に表現して、

お互いの大切にしていることを尊重し合って

ず〜っと仲良くいたいなぁ。

って思いました・・・

 

 

あなたの幸せにも役立つことを願って。

Mahalo,

 

 

 

ご質問や、ご感想を送ってくださると嬉しいです。

 

*LINE から

友だち追加

*メール

m.happy.p@icloud.com

 

 

 

私が、パートナーと信頼関係を築いた方法。(1)

私が、パートナーとの信頼関係を築いた方法。(2)「伝える」

 

関連記事