toggle
2017-11-21

あなたが「こんな自分が嫌い」って思うのは、どんなところですか?

たなかけいこです。

 

私の話なんですけどね、

 

パートナーと一緒に、夕ご飯を食べた後

お皿洗ったり、片付けたり、何も言わなくてもやってくれるんです。

で、大抵は、食卓の椅子に戻らずに、テレビを観に行くんです。

 

それはそれでいいんですけど、

 

大事な話をしてたりして、それが途中のままだったりすると、

「まだ話が終わってないのに!」

って、なんかムカッとするというか、イラっとするというか。

 

そういう時に、私はどうしていたかというと

私は、機嫌が悪いです。

っていうことを、態度でわかってもらおうとして

 

 

椅子をガタン!ってやったり

 

冷蔵庫をバタン!と閉めたりしてたんです。

 

 

(感じ悪っ。)

 

 

そうすると、パートナーは

「どうしたの?」って聞いてきます。

 

 

そうすると、私はこう言います

私:「どうして、テレビを観に行っちゃうの?」

パ:「?」

私:「話が途中だったのに」

パ:「何の話だったっけ?」

 

で、私はますますカーッとなって

口論になる・・・。

 

 

私のコミュニケーション、残念でしょう?(笑)

 

私は、いつもそうだったんです。

気に入らないことがあると、口で言わずに態度で示す。

で、相手に、その態度に気付いてもらう、

そして、口論にはなるけれど、最終的にはわかってもらう。

 

 

ある時、

これ、ほんとにしんどいな、って思ったんです。

だって、口論ってすごい消耗する・・・

 

わかってほしいだけで、

口論がしたいわけじゃないのに、って。

 

 

でもそれは、ほとんど反応的に、

「態度でわかってほしい」

って、やってしまうわけです。

 

そんな風に、

やめたい、と思っても

なぜかやってしまう行動ってありませんか?

 

でも、やめたいと思っているけれど、やめられない・・・。

 

 

そんな時、

「こんな自分って、ほんっと嫌い!」

って、思ったりしませんか?

「こんな自分どっか行っちゃえばいいのに」って。

 

 

でもね、実は

そうやって、「嫌い!」って言ってるうちは

やめられないんです。

 

 

なぜなら、

「態度でわかってほしい」という”もうひとりの存在”には、

そうしてしまう”言い分”があるからです。

 

あなたに嫌われようと思って、そうしているわけじゃない。

むしろ、あなたを守ろうとしてやっているんです。

 

そして、どんなにネガティブに思えることだったとしても、

”言い分”はあなたにとって「ポジティブな意図」があるんです。

 

 

だから、どうすればいいかというと

「態度でわかってほしい」と思っているんだね、と

その存在を認めてあげること。

 

 

そして、癒してあげること。

 

 

癒す方法は、いろいろあります。

 

一番簡単で、自分ですぐにできる方法は

その存在に、4つの言葉を唱える「ホ・オポノポノ」です。

 

ごめんなさい

私を許してください

愛してます

ありがとう

 

そうつぶやくだけ。

 

 

そのことで、どんな場面でも

態度でわかってもらおうとするのではなく、

口論を使って、ということでもなく、

 

例えば、

言葉で伝えることができるようになったり、

心地いいやり方で、コミュニケーションがとれるようになります。

 

 

 

Mahalo,

 

 

「気軽にやりとりできる!」と好評です。

たなかけいこLINE@

友だち追加

・LINE悩み相談(個別でいつでも受付)

・LINE特別セッション(不定期にお知らせ)

 

関連記事