toggle
2015-12-03

めんどくさい女。

こんにちは、たなかけいこです。 

昨日、母の誕生日だったので

 

ケーキを買って、

母と、父と3人で

ランチ会しました。

 

近所なので、

ちょくちょく顔を出しているので

珍しいことではないのですが。

 

 

病気をしてから、

めっきり弱ってしまった父。

記憶力も、だんだん衰えてきています。

 

 

そんな父に、母が

 

「ねえ、今日なんでケーキかわかる?」

 

って聞くんです。

面白いから、黙って聞いてたら

 

 

父:「わかるよ」

 

母:「お赤飯も炊いたんだけど」

 

父:「わかってるよ」

 

母:「何よ?言ってみてよ」

 

父:「誕生日でしょう~」

 

母:「わかってたのか」

 

 

お父さん、グッジョブ!(笑)

 

正直、わからないだろう

母は、またイラっとするだろうな

そしたら、なんてフォローしようか・・・

と思いながら聞いていたので

ホッとしました。

 

 

 

母の意図としては、

 

誕生日を覚えていてくれるかどうか

ということを確認することで、

父の気持ちを確かめて、

 

安心したいんだと思うんです。

 

 

 

そして、思ったのが

 

「お母さんって”めんどくさい女”だな」

 

 

 

 

”めんどくさい”っていうのは、

 

 

相手を試すようなことをしてみたり

 

 

やって欲しい、言って欲しい

と思っていることを相手に察して欲しい

ということをアピールしてみたり

 

ああ・・・書いててもめんどくさいです。笑

 

 

 

あなたは、

どうですか?

 

もしかしたら、知らず知らずに

やってしまっていることがあるかもしれません。

 

全くなかったら、ごめんなさい!

 

 

私なんて、自慢じゃないですけど

すっごいやってました。得意でした。(笑)

気づいてから解放しましたが、

今日、母をみていて、

まだちょっと残っているかも、と思いました。

 

 

うちの両親のように

夫婦として、長く連れ添って

もうこれが当たり前、っていうなら話は別ですが

 

 

 

ちょっと考えてみてください。

 

 

これをやられる立場で考えてみたら

どうでしょう?

 

 

「この人、何が言いたいんだろう?」

 

「何を考えているんだろう?」

 

って、ちょっと不安になったり

不信感を感じませんか?

 

 

これからもっと仲良くなりたい、とか

信頼関係を築いていきたい

と思っている相手には

 

これでは、逆効果ですよね。

 

 

 

『恋愛軸』を基に、

 

自分がどんな人で在りたいのか、

ということが明らかになっていれば

 

 

そこから言動を選択することができます。

 

 

 

 

その、ご自分の『恋愛軸』に素直になればなるほど、

 

 

コミュニケーションで得たいものを

 

 

ストレートに得ることができるのです。

 

 

 

シンプルですね。

 

 

コミュニケーションの迷いや、ストレスも

ぐっと減ってくることでしょう。

 

 

 

 

 

Mahalo,

関連記事