toggle
2015-12-29

離婚にまつわる悲しい思い出を書き換えたら起きたこと。

こんにちは。

いよいよ、今年もあとちょっとですね。

 

 

さて、

 

私が、

離婚をする、と決めて

別居をしていた時、

 

2歳の息子と二人きりで

お正月を迎えたことがありました。

 

なんとも寂しい気持ちで

2歳の息子と、たった二人きりで

涙ながらに、お雑煮を食べて

すごく悲しかった・・・

 

 

毎年、この時期になると

その場面を思い出して、

また悲しくなっていたんです。

 

 

 

でも、10年以上過ぎたある時、あることがきっかけで、

 その思い出の場面に、

 

息子と二人でいられることに、ちょっとほっとしていたり、

「幸せになろう」と心に決めた瞬間があったことや、

 息子と笑い合う瞬間もあったことも思い出せたのです。

 

 

悲しいと思っている思い出の中にも、キラリと光る希望はあった。

 

「悲しい思い出」とラベルを貼り続けていたことで

そこで起きていた事実をありのままに覚えていなかっただけとわかったのです。 

  

 

 

”離婚したかわいそうな自分”にどっぷりハマっていたところから抜け出して

ちょっと離れて自分を見られるようになって

 

だから、 

思い出せた、というか

幸せや希望があったことを見つけることができたのです。

 

そんな風に、思い出が私の中で書き換わってから

 

今、私は幸せだ。

離婚をして悲しいこともあったけれど

あれはあれでよかった。

 

10年かかって、そう思えるようになりました。

 

 

Mahalo,

 

=====aloha==

Keiko Fontes LINE@  お友達登録で『30分無料相談』をプレゼント♡

↓↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40igk7189k

「どうしていいかわからない」ことが動き出す!

★コーチング
★カードリーディング
★今のあなたに必要なメッセージ(チャネリング )

いずれかを選べます。

関連記事