toggle
2017-12-13

ハワイでよく見るテレビ番組が教えてくれる大切なこと。

こんにちは。

 

Ellen DeGeneres(エレン・デジェネレス)

 

 

私、日本ではテレビって全く見ないのですが、

ハワイにいるときは、大好きなテレビ番組がいくつかあります。

そのひとつが、

『The Ellen DeGeneres Show』

エミー賞を受賞した番組です。

 

日本では、「エレンの部屋」って言ってるみたいだから

日本で言ったら、「徹子の部屋」みたいってことなのか・・・

でも、私は「笑っていいとも!」みたいな感じ・・・

な・・・気がします。どっちでもいいけど!

 

ゲストに、話題の映画やドラマの俳優さんたちや、大物歌手が主演したり

写真のように、オバマさんやミシェル夫人などが出演することも!

 

日本にいる時は、

YouTubeをチェックしてまで見ています。笑

 

エレンは、1997年に自身がレズビアンであることをカミングアウト。

今では、そんなに珍しくないのかもしれませんが・・・

それで、2016年にはオバマ大統領から大統領自由勲章を授与されました。

 

オバマ大統領はスピーチの中で「大きく変わった現在の状況を考えると忘れがちですが、エレンが約20年前に公の場でカミングアウトすることはかなりの勇気が必要だったに違いありません。あんなかたちで自分のキャリアを危険にさらすことはとてつもない重荷だったことでしょう。簡単な事ではありません。そしてたくさんの人の希望を背負ったわけです」と語った。

ー VORGUE JAPANより

 

 

私が、エレンの何がそんなに大好きかというと、

アカデミー賞や、グラミー賞の司会に抜擢されたり

という、輝かしい活躍もさることながら、

 

エレンの番組では、

ゲストのセレブたちの素の魅力、普段のその人の魅力が

エレンのトークによって、すごーく引き出されるんです。

それがすごいなと思って研究中です。

 

 

そして、時には子どもがゲストだったりもするのですが

たとえ子どもだったとしても、

大女優だったとしても、

マドンナみたいな大物歌手だったとしても、

ハリソン・フォードだったとしても、

オバマさんだったとしても、

 

誰の前でも、エレンは、エレンなのです。

そこが、好き。

 

質問はシャープだし、

ユーモアたっぷりだし、

振る舞いが自然だし、

息ができなくなるほど笑ってるし、笑

 

それが、誰の前であっても、変わらないんです。

 

 

 

男性の前や、好きな人の前では

「気に入られたい」「好きになってもらいたい」

そんな気持ちが湧いてきて、

「自分をこんな風に見せなければ」

と、無理したり、頑張って振舞ったりしていませんか?

 

以前は、私もやってました。

 

それが良いとか悪いということではなくて、

それをやっているうちは、恋愛ってうまくいかない

ということを学んだので

 

今は、誰の前でも、私は私です。

私が心地よく私で在ること。

 

恋愛だけじゃなくても、いつでも。

そうできるときも、できないときもあるかもしれません。

でも、「私で在る」と決めています。

 

 

それをお手本のように見せてくれるエレンだから、

大好きなんです。

 

 

 

>>ジュリア・ロバーツさんの美しさの秘密

 

 

>>サンドラ・ブロックさん息子さんのお話

 

 

>>ミシェル・オバマさんとCVS でお買い物

 

 

 

 

Mahalo,

 

 

 

<12月特別企画>

現在、LINEでご登録いただくと

「30分無料相談」をプレゼントしています。

 

たなかけいこLINE@

友だち追加

・LINE悩み相談(個別でいつでも受付)

・LINE特別セッション(不定期にお知らせ)

関連記事