toggle
2018-01-09

カイルアの犬が教えてくれた幸せについて。

こんにちは。

 

 

Kailua

カイルア

 

 

ハワイにいる時、

一番多く訪れる場所が、カイルア。

 

 

朝の車の大渋滞に巻き込まれることなく

お家から行ける場所ということもあって

平日は、毎朝のように出かけます。

 

 

朝の海って、気持ちいいんです。

一日が始まる!っていう、清々しいエネルギーに満ちています。

 

 

犬と散歩をしていたり、

50代〜70代くらいのカップルが

仲良く歩いている姿も多く見かけます。

 

 

 

いつも、そんなカップルを

「いいなぁ〜、こんな風になりたいな〜」

って眺めていたのです。

 

 

で、ある時、私たちが

ボールを投げっこしながら、ビーチを散歩していたら、

仲間に入ってきた犬がいて。笑

 

 

犬は、私たちを見て「楽しそうだなぁ〜」って思って

仲間に入ってきたんだな、って、なんか嬉しくなって。

 

 

そして、こう思ったんです。

「こんな風になりたいな〜」って、

人のことを羨ましく眺めていたけれど、

私たちも、すでにそういうカップルなのかもしれないな、と。

 

 

幸せを実感した瞬間でした。

じわっと温かさがこみ上げてくる感じです。

 

ますます私たちのことが好きになりました。笑

I love us.

 

 

他人を羨ましく感じたりする時、

 

実は、自分もすでに持っているのに、

「私は、持っていない」とか

 

すでに十分なのに、

「私はまだ不十分だ」とか

 

ただ、そう勘違いしているだけなのかもしれません。

 

 

私は、幸せではない

私は、美しくない

私は、まだまだ痩せてない

私は、忙しくて、時間がない

私は、お金を十分に持ってない

 

 

それは、本当でしょうか?

 

 

勘違いかもしれない、と疑ってみることで

実はすでにある、手に入れている

ということに気づくことができるでしょう。

 

 

自分の中にすでにある豊かさに気がつくことで、

今まで「不可能」と思っていたことが

「可能」に変わることだってあるかもしれません。

 

 

Mahalo,

 

 

 

 

関連記事