toggle
2017-01-12

「ときめき」がないと恋愛できないと思っているあなたへ。

人生最高の居場所を見つけるコーチ

たなかけいこ@ハワイからです。

 

 

 

離婚を経験している、42歳のKさん(女性)から、

 

 

パートナーが欲しいと心では思っているのに、

なかなか男性にときめきを感じません。

年齢のせいかとも思うのですが、どうしたらいいですか?

 

 

というご質問をいただきました。

(ご本人に掲載のご承諾をいただいています)

 

 

 

積極的にお見合いパーティに参加したりしていて、

何人か、新しい男性と出会っているそうなのですが

 

 

 

ときめかない男性は、恋愛対象にはならない

だから、男性がKさんを気に入ってくださっても

そこから先に進まないんそうです。

 

 

 

私が、

「Kさんは、”ときめき”が大切なんですね」

と言うと、

 

 

 

「だって、好きになった人としか、お付き合いしたくない

じゃないですか」

とおっしゃる。

 

 

 

なるほど、そりゃあそうですよね。

その気持ちもよくわかりますよね。

 

 

恋愛=「ときめき」

ドキドキしたり、誰かを好きだなと感じて胸がキュルンとなる。

そういう感じ。

 

 

 

で、ここからは

そんなKさんの「どうしたらいいんでしょう?」というご質問に対して、

私がお答えしたことを、かいつまんでお伝えします。

 

 

 

 

 

まず、

「年齢」のことをおっしゃっていましたが

「この歳で、恋愛なんてできるんだろうか?」

なんて、自分のこと疑っていませんか?

そのことで、ときめきを止めている可能性もあります。

 

 

「パートナーが欲しい」というご自分のほんとうの気持ちを

誰よりも、ご自分が100%応援してあげてくださいね。

 

 

 

そして、

あえて、私から、ひとつご提案です。

ときめかない相手だったとしても、デートをしてみるのはどうですか?

 

 

なぜなら、

「出会う」ということは、何かしらのご縁があると思うんです。

お付き合いするかどうかは別としても、デートしてみる。

 

 

Kさん真面目だから、

お付き合いしたい人としか、デートしてはいけない

なんて思ってたりしませんか?

 

 

そんなことないですよ。

 

デートして、ときめくことがあるかどうか、

何人とでもデートしてみたらいいですよ。

 

 

そして、「ときめき」だけを大切にするのではなくて、

他にも、恋愛で大切にしたいことを知ることで

デートしてみて、どの男性がKさんにとって理想の相手なのか、

見極めることもできればいいですよね。

 

 

・・・そして、

Kさんと『恋愛軸』を創る約束をしました。

まさに、大切にしたいことを言語化していく作業になります。

 

『恋愛軸』が創れるメールレターはお読みくださったそうなのですが

やろうやろうと思ってまだ創っていない、とのことでした。

 

そういう方、意外に多いんです。笑

 

 

 

今夜の満月は、蟹座の満月で

蟹座のテーマのひとつに

「基盤をつくる」ということが入っているそうです。

 

あなたにとって、ほんとうに大切なものは何かを言語化して

「軸」とする、この『恋愛軸』は

まさに恋愛の基盤となる、心の姿勢を明らかにすることができます。

 

 

 

Mahalo,

 

 

 

関連記事