toggle
2016-04-04

ハワイで暮らすようになった話。1

こんにちは、たなかけいこです。

桜が咲いて、春爛漫・・・

そんな4月にふさわしく、

 

 

自己紹介します。

 

 

・・・・・・なにそれ!(笑)

 

 

 

なぜ、私が、シングルマザーで、40代半ばから

 

好きなことを仕事にして、

ハワイと日本を行ったり来たりしながら、

パートナーと出会い、

理想のライフスタイルを送れるようになったのか?

 

お話ししようと思います。

 

 

 

でもね・・・ほんとうは、

この話はしたくないな、って思っていたんです。

 

だって、

どう思われるんだろう・・・・・・、と

ドキドキするじゃないですか。

 

いつも、

人にどう思われようと、気にしなくていいんです!

なんて言っていますが、

 

 

私だって、ちょっとはあります。

人間だもの。(笑)

 

 

 

 

 

けれども、

 

 

 

この話はきっと、

 

・離婚して傷ついたけど、もう一度幸せになりたい

・これから人生を共に歩んでいけるパートナーがほしい

・女性として愛されたい

・自分らしい恋愛がしたい

・パートナーとよりよい関係を築きたい

 

という方に、きっと役立つ!と思ったので

 

この春のタイミングでお話しする、と決めました。

 

 

 

 

 

きっと読み終わる頃には

 

 

 

過去に何があったって、

 

今、どんな状況にいたって

 

何歳でも、自分らしく輝いて

 

愛し愛されるパートナーと

 

ここからの人生を生きていくことができるんだ!

 

 

そう実感していることでしょう。

 

 

 

 

 

さて・・・、始めますね。

 

 

 

離婚した当時、2歳だった息子も

 

親しい友達からは、

「親子の立場が逆転してる」と言われるほど

頼もしい息子で、心強い存在として成長していました。

 

そんな息子が、高校生になって

ガールフレンドができた頃

 

 

私は、その彼女にヤキモチをやいた、とか・・・

そういうことじゃなくて、(笑)

 

 

ああ、私は何年か後にはひとりぼっちになるんだな、

って思ったんです。

 

 

 

うわーーー、どうしよう・・・

ぞわぞわと、なんとも言えない気持ちがぐわ~~~っと湧いてきました。

 

 

 

一度、そう思ってしまったら

 

毎日、通勤途中でも、仕事中でも

ふと、そのことが頭をよぎって、

 

ひとりぼっちはヤダ!ヤダ!と、泣きたい気持ちに・・・

いえ、実際泣いたこともありました。

 

 

 

お付き合いをしている男性も、

その時は、いなかったので

 

 

何のあてもなく(笑)

 

 

 

行き着く先は、ひとりぼっちなのか・・・・・・。

 

 

 

 

そして、さらに、同じようなタイミングで

 

 

コーチング研修の企画や、講師として勤めていた会社が、 

研修事業の撤退で、異動か退職かの選択を迫られたのです。

 

小さなIT企業で、

研修事業の部署以外は、すべてIT関係の職人さんですよ。

どこに異動できるっていうのよ!って思いました。

 

 

で、やむなく退職したんです。

 

 

 

もちろん、月々の収入は無くなります。

 

 

 

けれども、研修を気に入ってくれたお客様と

継続して、しばらくはお仕事させてもらえたこと、

 

 

パーソナルコーチングのクライアントさんも

すでに何名かいらしたので、

 

 

なんとかしばらくは生活していけるだろう、と

思っていました。

 

 

 

そんなこんながあり、

 

 

にわかに(笑)、パートナーが欲しい!

 

とにかく、パートナーを見つけなければ!!!

 

 

って、思ったんです。

 

 

 

パートナーさえ見つかれば、なんとかなるだろう。

 

 

 

 

この、「なんとかなる」は

生活も、ひとりぼっちも、「なんとかなるだろう」ですよね。

 

今だから、わかることですが・・・

 

 

 

 

このことに、当時気づいていれば・・・と悔やまれます。

 

 

 

 

なぜか?というと

 

ここから私は、パートナーを見つけるために

身も心も疲弊していくんです・・・・・・

 

 

 

 

それについては、

また次の回にお話ししますね。

 

 

 

Mahalo,

 

関連記事