toggle
2016-04-14

ハワイで暮らすようになった話。4

こんにちは、たなかけいこです。

さて、

「ハワイで暮らすようになった話」の続きです・・・

 

 

コーチとしてのスキルをアップしたい。

そんな気持ちで、一歩踏み出して

新しいことを学び始めた、ってところでしたね。

 

 

「いのちを耀かす」という名前のついた、このセミナー、

 

人を支援することを仕事にするために、

まずは、自分自身のことを深く知り、調和させ、

在り方、生き方を明確にして、「使命」を生き始めるということに

とことん取り組む時間でした。

 

 

この中で、

「ハワイ」というキーワードが引き出されてきたのです。

 

 

ずーっと先の、おばあちゃんの自分に会いに行くと、ハワイに居る。

そんな感じがあったのです。

 

 

 

自分の人生をどう生きていきたいのか?

そのことに、大切な要素となっていることがわかった「ハワイ」

 

ハワイに行きたい!!

 

一刻も早く、そのハワイに居る人生を実現させたい!

 

 

 

そこで、私がしたことは

休止していたオンラインデーティングサイトを再開させたことでした。

 

 

 

「ハワイ在住の男性と知り合えばいいんだ!」

と思ったんです。

 

 

ハワイにも行けるし、

お付き合いがうまくいけば、結婚できるかも!

そしたら、ハワイにも住めるし・・・。

 

正直、そんなことを思いました。

 

 

 

そして、実際に

ハワイに住んでいる男性と知り合って、

 

メールのやり取りから、Skypeを通して話をしたり、と

そこは用心深くステップを踏まえて、

 

男性に会う、という目的をつくって

ハワイに行くということを実現させました。

 

 

 

 

ところが・・・、

 

 

 

まず、一人目、

 

航空券を買ってくれたり、

目の前がビーチという素敵なお家を持っていたり、

そんなことでウキウキしてしまって、

その他のことには目をつぶり、

「この人なんだ!」と思い込もうとした

 

 

結婚を申し込まれた

 

 

やっぱり目をつぶれなかった

 

 

破局。

 

 

 

 

その2、

 

かなりいい感じで、メールのやりとりなどがすすんで

「今度こそ!」とハワイに会いに行く。

 

 

会うとすぐに、意気投合して

家族や、友達にも紹介された

 

 

全く興味のない相手の趣味についていこうと、

自分を曲げてでも、一緒に楽しまなければとがんばった

 

 

相手が結婚を言い出すと同時に

お子さんのことで、私が二の次、三の次になる

 

 

その状況と、「遠距離恋愛」で

疑心暗鬼になって、自信のなさでおしつぶされそうで

その辛さを相手にぶつけてしまう

 

 

破局。

 

 

 

 

 

 

もう、ほんっと、内緒ですよ・・・

こんな話、よそで言わないでくださいね。(笑)

 

 

 

パートナーが欲しいのに、

うまくいかせたいのに、うまくいかない。

 

 

うまくいきそうだったのに、

もう悲しくて、ため息ばかりついて、思い出しては泣いて・・・

 

 

ちょうどその頃、

息子はシェフ修行で一年間のフランス留学に旅立ち・・・

 

 

淋しさも最高潮、そんな日々を過ごしていました。

 

 

 

 

 

でもね、そんなことがあっても、それはそれとして、

 

 

ハワイに来ると、ほんっとうに気持ちいい!!って

心も身体も喜んでいることはわかるし、

 

もちろん、恋愛がからんでいなくても

楽しいことも、嬉しいことも、幸せを感じることも

たくさん、たくさんありました。

 

ハワイに来るたびに、ハワイの魅力にどんどん引き込まれて

ますますハワイが大好きになっていきました。

 

 

 

 

長くなったので、続きはまたこの次に・・・

 

 

 

 

Mahlo,

関連記事