toggle
2017-02-24

好きな人との距離も縮まる!言いたいことを伝える方法。

こんにちは、たなかけいこです。

 

 

あなたは、言いたいことや本音を好きな人やパートナーに伝えることができますか?

 

「仲のいい友達には言えるんだけど、好きな人には、なかなか言えない」

 

そうおっしゃるかもしれませんね。

 

 

これからお付き合いが始まればいいな、と思っている時や

お付き合いが始まったばかり、という時には、

 

自分を良く見せたい、好かれたい、と

背伸びをしたり、見栄をはってしまったり

 

嫌われたくない、という気持ちから、

我慢して言わない、という選択をすることも多いかもしれません。

 

そうすると、楽しいはずのデートなのに

ひとりになると、ドッと疲れたり

 

次のデートの約束が無くて、落ち込んだり、なんとなく自然消滅・・・。

 

そんな経験があるかもしれません。(私も、大いにありました!)

 

 

私たちが望んでいるのは

 

お互いを尊重し合う関係

ありのままの自分でいられるような恋愛

 

そんなパートナーシップですよね。

 

 

もっと素直に本音や言いたいことが言えるようになって、

相手とぐっと距離を縮めたい、と思っている。

わかっちゃいるけど、そこが難しい。

 

 

 

そんな、”難しい”と感じているあなのための、

「伝えたいことが、ちゃんと伝わる伝え方」

 

大切なポイントを3つ、順番に説明します。

 

 

 

 

ポイント1、どうやって伝えるか?

 

 

 

私のオススメする方法は、「会った時に伝える」です。

 

なぜなら、

何を通して、伝えたいことが相手に伝わるのか?

コミュニケーションの影響力で、こんな数字があるからです。

 

言葉・・・7%

声の質・・・38%

ボディランゲージ・・・55%

 

会って伝えれば、

すべてを使えるので、100%を使って伝えることができます!

 

 

電話なら、

言葉と声の質で、45%

 

 

LINEやメールなどのメッセージだけだと

言葉だけとなるので、7%

 

ということなんです。

 

例えば、

映画を観た友達が、どんなに感動したかをあなたに伝える時

 

会って直接、話を聞く

電話で聞く

メールで送られてくる

 

どれが一番、感動が伝わってくると思いますか?

もちろん、会って身振り手振りを交えながら、

もしかしたら、涙を流しながら話してくれることが、一番伝わりますよね。

 

 

もしかしたら、今までは

「会って直接は言いにくいから、LINEで送ろう」

って、やりがちだったかもしれません。

 

けれども、これからは

 

誤解や、すれ違いを避けるためにも

会って、丁寧に伝えるということを、私はオススメします。

 

 

じゃあ、その”丁寧に伝える”ってどういうことなのか?

 

 

ポイント2、実は、本題よりも○○が大切

「言いたいことを伝える方法2」

 

Mahalo,

 

 

 

関連記事