toggle
2017-03-06

「言いたいことを伝える方法」ポイント3

こんにちは、たなかけいこです。

 

「好きな人との距離も縮まる!言いたいことを伝える方法」

をお伝えしています。

 

大切なポイントは3つ。

 

 

1つ目は、「会って伝える」

 

2つ目は、「本題の前に準備が大切」

 

準備には2つあって、

 

穏やかな心の状態をつくる、ということと

 

話の枠組みとして、

なぜこのことを伝えたいと思っているのか?

「話の意図」をしっかり伝えるってことでしたね!

 

 

いよいよ、本題を伝えるところです。

 

 

3、相手の”心”に伝わりやすいメッセージを届ける

 

 

「I(アイ)メッセージ」「You(ユー) メッセージ」

という言葉を聞いたことがありますか?

 

I は私、Youはあなた、という意味ですよね。

 

 

「I」を使って、

「私は、〜〜〜」と伝える方法を、「I(アイ)メッセージ」

 

 

「You」を使って、

「あなたは、〜〜〜〜」と伝える方法を、「You(ユー) メッセージ」

 

と言います。

 

 

 

例えば、

 

あなたが、結果が思わしくなくて落ち込んでいる時に、

 

「(あなたは)よくがんばったよ」

 

って、言われるのって、どうですか?

 

 

この「Youメッセージ」は、

伝える側の主観で「がんばった」と伝えているので、

 

 

受け取る側が

「がんばりが足りなかったんじゃないか」と感じているような時には、

なんか受け取りにくいですよね。

 

そればかりか、なんでそんなこと言うのか・・・と

相手の意図がわからず、イラッとしたり、ムカッときたりするかもしれません。

 

 

一方で、

 

「あなたのおかげで、(私は)とっても助かったんだよ」

 

って、「Iメッセージ」で言ってもらえたら、どうでしょう?

受け取りやすくないですか?

 

「(あなたは落ち込んでるかもしれないけど)私は、助かったんだよ」というメッセージは

受け入れやすいですよね。

 

 

じゃあ、例えば、

 

デートの約束の時間にいつも遅れて来る相手に、いつも嫌な気持ちになっている。

最低限、遅れるなら連絡をしてほしい。

 

そのことについて、伝えるとします。

 

「(あなたは)いつも遅れて来るよね」

「(あなたは)連絡もしてこない」

というのは、「Youメッセージ」です。

 

 

相手は、それを聞いて、責められていると感じて

カチン、ときてしまうかもしれません。

 

 

それだけ言って、

「あとは分かってくれるでしょ?」

って、今まではそんなコミュニケーションをしがちだったかもしれません。

 

 

 

じゃあ、「Iメッセージ」を使って、

なんて伝えることができるでしょう?

 

 

メッセージの作り方は、

 

まず、

相手が連絡なしに遅れてくることを、

「私は、どう思っているんだろう?」

と感じてみます。

 

その思いを改めて自覚するだけでも、

「だから、こんなに嫌な気持ちになるんだ」と、なんとなくスッキリするかもしれません。

 

 

仮に、

 

「私は会えるのを楽しみにデートに来ているのに、遅れて来るなんて、楽しみじゃないのかな、不安だな」

「連絡もなく待っていると、なにかあったのかと心配になる」

 

そんな思いがあるとします。

 

その思いを、「Iメッセージ」にして伝えます。

 

あなたが連絡もなく遅れてくると、「私は、不安になる、心配になる。」

だから、遅れてくる時は連絡してくれると「私は、安心して待っていることができます。」

 

 

どうですか?

これなら、相手も受け入れやすくなりますよね。

 

実際は、もうちょっと話しやすいように

普段の言葉にご自分でアレンジしてくださいね。笑

 

相手も、悪気なく遅れてしまって、

相手も、楽しみにデートに来ているんですよ、きっと。

それなのに、あなたが機嫌が悪く待っている、というのは心地よくはないですよね。笑

 

だから、きっと、なぜ機嫌が悪いのかが分かれば、

「はい、喜んで!」と、協力してくれるはずです!

 

 

そして、

 

この「連絡をしてほしい」というような

「これからは、あなたに、〜〜〜してほしい」

 

これからどう改善すればいいか、

「あなたの要望」を伝えることで

相手も、「どうすればいいのか?」がわかって安心です。

 

けれども、これはあくまでも「要望」「リクエスト」です。

 

 

相手が、「それはできない」とか

「こっちならできる」と言う権利もあるということ。

 

 

お互いの考えを正直に並べることで、

尊重し合って、これからどうするのかを決めていくことができます。

 

 

 

言いたいことを伝えたら

機嫌をそこねるんじゃないだろうか?

そのことで嫌われるんじゃないだろうか?

関係が悪くなるんじゃないだろうか?

 

 

そんな不安があったかもしれません。

 

けれども、このポイントを押さえて伝えることができれば

 

 

伝える側も、受け取る側も、

嫌な思いをすることなく、喧嘩にもならずに、

お互いを尊重し合うための「話し合い」になることでしょう。

 

 

3回に渡って、

「言いたいことを伝える方法」をお伝えしました。

 

伝えたいことを伝えればいい、という一方的なことではなくて

これからの二人の関係のために、お互いが心地よくいられるような

正直で、丁寧なコミュニケーションを、あなたから始める。

 

「私じゃなくて、相手に先にそうして欲しい。」

そういう気持ちがあって、待っていたいのかもしれませんが

自分から始めることは、今すぐに出来ますよね。

 

そのことで、

あなたが望む、お互いを尊重し合う関係を手に入れることができます。

 

 

相手もきっと、それを望んでいるし

何より、あなたのことが大好きで、あなたにいつも笑顔でいて欲しいんです。

 

 

Mahalo,

 

関連記事