toggle
2016-05-02

ハワイで暮らすようになった話。8

 

7話からの、続きです。

 

 

不安や、心配も受け容れて

自分の『軸』に戻りながら

ハワイでの長期滞在が始まり、何日か過ぎたある日、

 

パートナーと出会いました。

 

 

朝から、ひとりでビーチで遊んで、

すっぴんで、髪はボサボサ、水着の上になんか羽織っただけ・・・

ワイキキをぶらぶらしながら、お家に帰ろう・・・。

 

というような時に、です。

 

 

今までの私は、

男性と会う、という日には・・・

 

何を着ていこうか、靴もバッグも含めて悩みに悩んで、

普段はそんなにしないけれども、丁寧にメイクもして、

 

自分に全く自信がないから、

そんなことをせずにはいられなかった、この私が・・・

 

 

すっぴん、髪ボサボサ。(笑)

 

 

そこからさらに一緒にビーチ行って、また泳いで、

さらに、グダグダな格好になって(笑)

 

それでもへっちゃらで、気にせず

ハワイ料理を食べに行って・・・楽しかったなぁ!

 

 

で、家の近くまで送ってもらって、

「楽しかった」って伝えたら

「メールするよ」って言われたけど

 

内心では、

次回はないだろうな、とも思ってました(笑)

 

 

 

ところが、ほんとにメールをもらって、

初めてのデートに行くことに。

 

 

そう、嫉妬深いことで有名な

ペレという女神さまのいる場所に。

 

 

私は、初めてのデートにも関わらず、

「ここに連れて行ってほしいんだけど」

なんてリクエストもできたんですよ〜。

 

 

 

 

いつも、男性に

どこに行きたいの?と聞かれると、

 

「どこでもいいよ!」とか

「あなたの行きたい所がいいな!」

 

と答えていた、この私が。

 

 

「私ったら、新しいわ〜〜〜!」って

なんだか、ウキウキしたのを覚えています。

 

 

 

すっぴんの素の自分を見せてしまってるし

怖いものなし!って思ってたのかも。

 

 

 

その初めてのデートの日から、

私がハワイに滞在している間、ほぼ毎日会ってました。

 

 

パートナーに任せっきりにしないで、

行きたいところ、したいこと、食べたいもの、

 

自分はどうしたいのか?を伝えることが

ますますさらっとできるようになっていきました。

 

 

 

毎日会っても、ぜんぜん窮屈じゃない。

のびのびと、心地いい。

 

 

 

そして、

しばらくそんな日々が続いたとき、

 

 

「ああ、今、前に願っていた未来を叶えているんだ・・・」

という気づきで、胸がいっぱいになる体験をしたんです。

 

 

その体験が起きてから、

 

ますます、自分らしく、自分が心地いいことを選んで過ごす

というハワイでの日々を愛おしく感じていったのです。

 

 

 

・・・続きは、また次回に。

 

 

 

Mahalo,

 

ハワイで暮らすようになった話。7

ハワイで暮らすようになった話。9

 

 

関連記事